本文へスキップ
文京区にある児童発達支援事業所  地下鉄 春日・後楽園駅から徒歩10分  モンテッソーリ教育治療法に基づいた療育
富坂子どもの家
東京都文京区小石川2−17−41
富坂キリスト教センター2号館1F
電話03-3812-2072FAX03-3811-2245
施設紹介
モンテッソーリ治療教育法とは?


・・・約100年前にマリア・モンテッソーリ(イタリアで最初の女性医学博士・左写真上)により考えだされた教育法です。モンテッソーリは「子どもは、人・物両方の整えられた環境の中で安心して、意欲的に集中して活動し心と体を育てていく」ということを発見しました。「子どもの家」では、保育室にモンテッソーリ教材を中心に準備します。大人は子どもの遊び・日常生活のようすから、それぞれの興味、関心、個性、特性を把握します。子どもはやってみたいこと、好きなことを分かってもらえて暖かく支えられていることを感じます。その安心できる雰囲気の中で「ひとりでできるように手伝って」と周囲に伝えられ自分らしく、主体的に日々過ごせるでしょう。幼児期の子どもはだれでも「自分でやってみたい」「できるようになりたい」と強く願っています。その時期にこそ楽しみながら心と体を動かし「じぶん」という人格の基礎を築いていけるのです。モンテッソーリ法による「子どもの家」では個別療育ではもちろんのこと、小集団の中でも自己活動にじっくりとりくみ、人や物へと自信を持って関わることのできる子どもの育ちを支えていきます。


         



          

私たちの療育は・・・

キリスト教精神に基づく保育
ひとりひとりかけがえのない存在としてたいせつにされ、個性を尊重し合いのびのびと育ち合える保育を目指します。

乳幼児期に大切な五感を使う経験の場
「自分で選ぶ」「自分でやり遂げる」「困ったことを解決する」力が育つ手助けをモンテッソーリ教具教材を使いながら保育します。

安心できる居場所
保護者ともに安心できる「子どもの家」となることを目ざします。

学び合いの場
子どもの成長から学び、保護者の方とスタッフも共に学び合い成長できる場を目指します。また、地域の方々、関連機関の方々との交流、情報交換、講座の開設などにより、地域に開かれた場であることを心がけます。