本文へスキップ
HOME 相互ネットとは 活動報告 お知らせ 問い合わせ・アクセス 入会方法 リンク
お知らせ
「脱原発社会・未来世代への責任」研究会 の成果が、
いのちのことば社より一冊の本として刊行されました。

富坂キリスト教センター(編)
  『 原 発 と 宗 教 - 未来世代への責任 - 』
~目次より~
・はじめに 
・核開発とキリスト教『テクノロジーの神学』の視点から 〈栗林輝夫〉 
・宗教者として当原発問題の深層 〈内藤新吾〉
・原発と宗教の倫理 〈河合弘之〉
・放射能汚染が未来世代に及ぼすもの-チェルノブイリから学ぶ- 〈吉田由布子〉
・福島原発事故の医学的な問題 〈山田真〉
・制度としての「原子力村」 〈新藤宗幸〉
・未来世代へのひとたちへ 〈山口幸夫〉 
・だまして進める核のごみ処分場-岐阜県瑞超深地層研究所の経過と現状 〈兼松秀代〉
・原爆・原発・再生可能エネルギー 〈西岡由香〉
・《核のない社会》望見 〈中嶌哲演〉
・新たな文化哲学へ向けて、シュペングラー以後-神学の究極課題としての原発問題 〈安田治夫〉
・《座談会》 原発と宗教
・付録資料:福島原発事故についての緊急建言
・おわりに

富坂キリスト教センターでも販売を取り扱っています。
お問合わせは、電話03(3812)3852 / Fax03(3817)7255まで。


新刊本のご案内
「行き詰まりの先にあるもの~ディアコニアの現場から~」
富坂キリスト教センター編
いのちのことば社